皮膚に栄養を与えてくれるビタミンB群

ビタミンB群は肌のバランスを整える

ニキビ対策として挙げられている栄養素の中で、最も重要といわれているのがビタミンB群です。ビタミンB2のように過剰な皮膚の分泌物を抑制し、肌を正常に保つ役割や、ビタミンB6のように新陳代謝を促し、新しい皮膚に再生する働きを持っています。毎日適切に取り入れる事で代謝率を正常化し、肌の分泌物をもとのようにできるでしょう。ビタミンCと一緒に取り入れる事によって、皮膚への負担を軽減できるといわれている為、取り入れる時には一緒に摂れる食材の組み合わせや、献立内で一緒に摂れるように工夫しましょう。ビタミンCが多く含まれるのは緑黄色野菜や果物、ビタミンB2は卵、乳製品です。さらにビタミンB6は鶏ささみやにんにくなどに多く含まれている為、1つの食材だけを食べるのではなく、毎日いろいろな食材を組み合わせて摂ると飽きずに続けられます。

具体的にどんな食材をとったらいいの?注意点は?

ニキビに効果的な栄養素として挙げられているビタミンB群ですが、主にB2が含まれている食材は卵や乳製品といわれています。また、鰻やレバー、マグロ・カツオといった魚にも多く含まれている事で有名です。ただし、取りすぎは禁物といわれている為、過剰摂取を避け、ビタミンCをはじめとした成分と一緒に取り入れて下さい。特にチーズやウナギは、皮脂の分泌を促す可能性があります。適量であればB群を取りやすく、皮脂分泌量を正常化する良い食材ですが、取りすぎないようにしましょう。鰻であればひつまぶしにしたり、レバーならレバニラ炒めで取ると野菜もとれて一石二鳥です。チーズはトマトと一緒に摂ると、トマトの栄養素や効果のおかげでバランスがよくなるといわれています。また、飲み物としてハトムギ茶・青汁・食塩が含まれていないトマトジュースも効果的です。ビタミンB群を使用している献立で一緒に摂ると、効果が期待できるでしょう。