ケーキ、チョコレートなどの甘いもの

ケーキやチョコレートなどの甘いものはニキビの原因なのか

ニキビが発生しやすくなるとして、有名な食べ物がケーキやチョコレートなどの甘味類です。これらの甘いものをよく食べるとニキビが起こりやすいと一般的に言われています。しかし本当にニキビの原因となるかは疑問があります。アメリカの研究機関の調査ではチョコレートはニキビの関連がある証拠はない、という結論がでています。ところが、甘いものをよく食べたときに限ってニキビができてしまうことも多くの人が経験しています。一見矛盾するようなことですが、次のように理解するのが妥当です。つまりケーキやチョコレートなどの甘いものの中には糖質や脂質、さまざまな食品添加物が含まれています。これらを食べるとき結果として糖質や脂質を多く摂取してしまうことから、これらが体内の代謝バランスを乱している可能性がある、ということです。

ニキビを作らないようにして甘いものを食べるには

ケーキやチョコレートをたくさん食べると、オーバーカロリーとなり太っていきます。過剰なカロリーは脂肪に代わり、様々な体の機能を害することがわかっています。ニキビは代謝システムと関係があるとされていますから、これらの甘いものを食べすぎることで代謝システムが乱されることは個人の体質次第でありうることです。しかし、これらの甘いものを一切食べないというのも行きすぎです。甘いものを食べることはストレスの解消にもなりますし、チョコレートなどはカカオポリフェノールの健康作用が期待されることから、うまく摂取していきたいものです。そこで日頃から運動を十分に行い、カロリーの過剰摂取にならないようにすることが大切です。また睡眠時間をしっかりと確保して、体の代謝システムを乱さないようにしていくことも必要です。こういったことをしていきながら、甘いものを食べていけばニキビの発生確率が下がる可能性が高まります。